会社案内|有限会社ベストライフ

会社概要・代表挨拶・スタッフ紹介

会社案内

会社概要

会社名
有限会社ベストライフ
事業内容
空き家・空き室・空き地の巡回管理業務
空き家・空き室・空き地の各種問題解決のお手伝い(相続対策、遺品整理など)
戸建・マンションリフォーム(リノベーション)
建物解体
小さな修繕から大規模改修まで。
所在地
〒930-0928 富山市富岡町633
TEL
076-491-7662
フリーダイヤル:0120-662-760
FAX
076-491-7760
定休日
土曜日・日曜日・祝日
ホームページ
http://www.bestlife-toyama.com/
ブログ
http://ameblo.jp/toyama-bestlife/
設立
平成12年4月7日
資本金
300万円
代表取締役
熊本 文夫
免許
監理技術者(建築・設備・電気・土木)
所属団体
全国空き家管理促進ネットワーク

代表挨拶

「空き家を将来の貴重な財産として「夢のある利活用」を考える」

2033年度には、空き家は2150万戸へ増加し、空き家率は30.2%に上昇すると野村総合研究所が予測しています。戦後の人口の急激な増加、そして高度経済成長、核家族化などにより、新築住宅ブームが長く続いてきたことにより、世帯数よりも住宅戸数が上回っている状態が、空き家の増加の原因になっています。

これからは、少子高齢化により新築着工戸数が徐々に減少していくものの、アパートなどの賃貸住宅も新規に供給されていき、問題となっている空き家への利活用が進まなければ益々空き家が増えることとなります。富山県内に空き家を所有している方の多くの方が、県外に住まいを既にお持ちで空き家となっている実家を継ぐことが難しい状況にあります。

また多くの所有者様が、空き家の利活用に向けて様々な悩みをお持ちで、なかなかその手立てに踏み込めない環境にあります。その根底にあるのは、経済的な問題よりも両親や先祖が大切に守ってきたお住まいを自分の代で何らかの方法で処分するという寂しさや気まずさだと思われます。しかし、その決断を先延ばしすることで大切な実家は傷み、資産価値も落ちてきます。今、空き家を所有されておられる方だけではなく、これから空き家となってしまいそうな実家を相続される方も次々と出てきます。

有限会社ベストライフは、いろいろな悩みをお持ちの方々のご相談を受けながら、その決断に踏み出していけるように、様々な専門家が中心となってスタートいたしました。空き家の問題は、所有者・自治体・地域の方々、そしてその空き家を求めておられる方々のマッチングが一番の解決策となります。

空き家問題は所有者様だけではなく、社会全体で考えなければならない緊急の課題です。空き家をお持ちで、その手立てに悩まれておられる方、 有限会社ベストライフをご活用ください。

代表取締役 熊本 文夫

スタッフ紹介

熊本 文夫(代表取締役社長)
日々、お客様とのお打合せや現場作業のため元気に県内を飛び回っています。 空き家のお困りごと、お気軽にご相談ください。 あなたに最適の管理プランをご提供します!
大場 祐二
こんにちは、大場です。
経験を重ね、空き家管理の仕事にも慣れてきて、以前よりも細かいことに
気が付くようになってきました。
お客様により満足して頂けるよう日々精進していきたいと思います!
西山 文雄
こんにちは、西山です。
マンション・戸建て住宅の販売業務に携わった経験を活かし
あなたのお家を守ります!よろしくお願いします。
日村 輝代
こんにちは、日村です。
丁寧な仕事を心がけています。
お掃除などもご用命ください。よろしくお願いします。

リフォームのことなら、どんなことでもお気軽にご相談ください。